遊びと学びで素敵な毎日を。

フォードVSフェラーリは微妙?面白いのかつまらないのかを口コミや評価で調査!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

フォードVSフェラーリは実話をもとに作られ

日本では2020年1月10日に公開された映画です。

ここでは

フォードVSフェラーリが面白いのかつまらないのかについて紹介していきます!

フォードVSフェラーリのあらすじ

 

ル・マンでの勝利という、フォード・モーター社の使命を受けたカー・エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)。

常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要でした。

彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつけます。

限られた資金・時間の中、シェルビーとマイルズは、力を合わせて立ちはだかる数々の乗り越え、いよいよ1966年のル・マン24時間耐久レースで長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦することになるのです。

決着やいかに!

フォードVSフェラーリの予告動画

フォードVSフェラーリは微妙?つまらないのか面白いのかを調査

1月10日に公開されたフォードVSフェラーリは面白いのでしょうか。それともつまらないのでしょうか。

面白かった!感動した!という高評価が多数

映画を見た人の口コミや評価はかなり高評価といえます!

また多くの人は映画館での視聴をオススメしています。確かにあの迫力は映画館で見るべきです!

一部微妙やつまらないという意見も

ただ調べたところつまらない、微妙という意見はほとんど無に等しいぐらいの数でした。

批判の数をみてもフォードVSフェラーリは良作といえるでしょう!

フォードVSフェラーリは海外の評価も非常に高い!アカデミー賞の可能性も

 

フォードVSフェラーリは日米同時公開ではなく、一足先にアメリカで公開されていました。

アメリカでは11月15日に公開されたのですが、後3日間で約33億円(3,100万ドル)もの興行収入をたたき出し、2位の映画と約3.7倍もの差をつけるオープニング成績を記録しました。

さらに、米映画批評サイトでは批評家によって92%の評価を得ただけでなく、顧客満足度も98%という驚異の高評価で迎えられています。

もちろんアメリカでの高評価は、フォードがアメリカの車会社ということも多少は関係していると思いますが、ここまで海外の評価が高いと、日本で高評価も納得です!

まとめ

 

・フォードVSフェラーリ海外で爆発的な人気を得ていた作品だった。

・日本でも非常に高い評価を得ている。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マナビタイム , 2020 All Rights Reserved.