遊びと学びで素敵な毎日を。

【ジュディ虹の彼方に】ラストシーン感動で泣いた人続出!面白いつまらないのか評判感想レビューまとめ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

 

ハリウッド黄金期の裏側で才能に生かされ、才能に苦しみ、それでもステージをあきらめなかった。

伝説のミュージカル女優ジュディガーランド

47歳で散るその前に人生のすべてを込めた圧巻のパフォーマンス。

そんな彼女をレネー・セルウィガーが演じる感動の実話

「ジュディ虹の彼方に」がついに公開されました。

ここではジュディ虹の彼方にの感想評価感想レビューなどをまとめで紹介していきます!

ジュディ虹の彼方にのあらすじ

 

かつではミュージカル映画のスターだったジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)は、遅刻や無断欠勤を重ねた結果、映画のオファーがなくなり窮地に立たされていた。

借金が増え続け、住む家もない。まだ幼い娘と息子をやむなく元夫に預けたジュディは巡業ショーで生計を立てる毎日を送っていました。

イギリスでの人気は健在でえしたが、いざステージに立つとなるとプレッシャーから「歌えない」と逃げ出してしまいます。

しかし一度ステージに立つとたちまち多くの人を魅了するのです。メディアの評価も高く、新しい恋とも巡り会い明るい未来に心躍ります。

そして1968年、子供たちと幸せに暮らすためにイギリスのロンドン公演に全てを懸ける思いで挑む。

 

ジュディ虹の彼方に

 

ジュディ虹の彼方にの感想:ラストの演技に感動ボヘミアンラプソディーの感動再び!?

 

「オズの魔法使い」で知られる女優・歌手のジュディ・ガーランドを、レネー・ゼルウィガーが演じた伝記ドラマです。

47歳の若さで亡くなる半年前に行ったロンドン公演に臨むジュディを映し出します。

 

まず衝撃だったのがジュディの壮絶な過去。華やかなジュディしか知らなかったので、こんなにも壮絶な過去を送っていたとは本当に驚きました。

厳しい食事制限、不眠不休で働かせるために母親から勧められた薬(覚醒剤)を飲む毎日。映画制作会社MGMのトップ、ルイス・B・メイヤーとの関係はかなり気持ち悪い。体も心も壊れそうになり撮影をわざと遅らせるジュディを説得するのにセットの納屋に連れ込むのです。

子役時代の華やかなシーンをあえて描かなかったためにかえって闇の濃さ、深さを感じてしまいました。

 

そしてそんな過去を知った上でのラストシーン。

レネー・セルウィガーの圧倒的な演技力に魅了され、本当にステージを見ているかのような臨場感で楽しむことができました。

ラストシーンでは大号泣してしまいました・・・。

構成やラストシーンで本人が歌っているかのような演出は、大ヒットを記録したボヘミアンラプソディーにも似ている用に感じました!

 

ジュディ虹の彼方には面白いつまらなくて微妙?

 

大注目の作品「ジュディ虹の彼方に」ですが、評価はどうなっているのでしょうか。

ネット上の感想や評価をまとめていきました!

ジュディ虹の彼方にが面白い!ラストシーンが最高!

 

やはりジュディを演じたレネーの演技がすごい!という意見が多数あります!

またラストシーンで泣いた・・・。という人もたくさんいますね!泣いてすっきりしたい人はおすすめかも!?

ジュディ虹の彼方にはつまらない微妙・・・。

 

最近ではボヘミアンラプソディーもそうですが、アーティストの一生を描くストーリーが多いですよね。その構成に飽きてきている人も中にはいるようです。

まとめ

 

・ジュディ虹の彼方にはジュディ演じるレネー・セルウィガーの演技がすごい!

・ラストシーンは圧巻で泣く人続出!

・大物アーティストの一生を描く映画で構成がボヘミアンラプソディーなどに似ている。

・評価は演技力ストーリーなど総合的に高いが、構成に飽きている人もいる。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マナビタイム , 2020 All Rights Reserved.