遊びと学びで素敵な毎日を。

【新型コロナウイルス】いつまで続く?いつからどこで始まってオリンピック開催は大丈夫?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

 

中国から始まり今や世界が怯える新型コロナウイルス

日本でも新型コロナウイルスによる死者がでており、さらに不安が大きくなります。

では

世界中が注目する新型コロナウイルスはいつまで続くのでしょうか。

このまま日本でも感染者が増え続けた場合、夏に控える東京オリンピックの開催はどうなるのでしょうか。

 

詳しく紹介していきたいと思います。

新型コロナウイルス(新型肺炎)とは?通常のコロナウイルスとの違いは?

 

コロナウイルスとは発熱や上気道症状を引き起こすウイルスのことです。

またコロナウイルスは人に感染するものだけで6種類あることが分かっています。

コロナウイルスは6種類に分けることができる。

 

人間に感染するコロナウイルスのそのうちの2つは、

中東呼吸器症候群(MERS)

重症急性呼吸器症候群(SARS)

などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。

これは数年前にニュースで話題になったので聞き覚えがある人が多いのではないでしょうか

 

残り4種類のウイルスは、いわゆる一般の風邪の原因になるウイルスで風邪の原因の10~15%はコロナウイルスが関係しているといわれています。

 

そう考えると多くの人は一度はコロナウイルスに感染している可能性がありそうです。意外にも我々にとって身近なウイルスだったのです。

 

新型は第7のコロナウイルス

 

今世界で流行しているのは今までになかったコロナウイルスになります。そのため新型コロナウイルスという名称で呼ばれています。

コロナウイルスはいつからどこで始まったのか

 

新型コロナウイルスが初めて確認されたのは

2019年12月8日です。

この時は日本でもあまり話題になっていませんでしたね。

 

場所は中国の武漢市になります。

日本でニュースになったのは2020年1月に入ってからです。こんなにも早い時期に感染の確認があったとは驚きです。

 

ちなみに日本で初めて感染が確認されたのは2020年の1月15日です。

新型コロナウイルス(新型肺炎)はいつまで続くのか?

 

では新型コロナウイルスの脅威はいつまで続くのでしょうか。

結論をいうと

ウイルスのことなので明確にいつまで。と示すことはできません。

実際専門家同士でも意見が違うのが現状です。

 

ある専門家によると

新型コロナウイルスの流行は収束に向かっているのではないかという楽観論が広がっている。

このような大規模な流行が同じ地域で1年以上にわたって続くことはあり得ないので、当然どこかの時点で流行は収束に向かっていく。

武漢での流行がすでにピークを迎えているかの判断は慎重にすべきだが、おそらく武漢の流行は遠くない時期に収束に向かっていくことになると考えられる。

しかし武漢での流行が収束に向かうことがこのウイルスとの戦いの終わりを意味しない。中国各都市は武漢から少なくても2-3週間遅れて流行が始まっているので、他の都市での流行がどう推移するのかは慎重に見極める必要がある。

しかし、少なくても現時点で初期の武漢のような状態になっている場所はおそらくないというのはいい徴候だと考えられる。

引用:https://www.med.tohoku.ac.jp/feature/pages/topics_215.html

つまりコロナウイルスは収束に向かいつつあり、中国のようにさらに大規模な感染の可能性はないはそこまで悪い状態でもないという意見です。

 

しかし他の専門家の意見を見ると研究が進んでおらず、予測不能という意見が多いのが現状です。

Xデーに備えて、実際に、その地域でイベントの中止や学校の休校をするのか。出張の中止などをするのか。トラックの運転手などがその地域に行くことを拒否するなどして物流が滞ることがないのか。この段階から議論しておかなければならない。

新型コロナウイルスの話題がいつまで続くかはわからないが、東京五輪・パラリンピックまではくすぶると予想される。

引用:https://www.jmedj.co.jp/premium/corona/

 

今後は本当に不安な毎日が続きそうです。

自分の身は自分で守る。

インフルエンザと同じぐらいの感染力だという意見もあります。しっかりと予防をすることが大切です。

東京オリンピックは開催できる?

 

気になるのはこのままの勢いでいくとオリンピックは開催できるのかということです。

せっかくの東京オリンピックが延期なんて可能性もあるのでしょうか。

 

国民から不安の声が相次ぐ中

それに対して2月6日の記者会見で、

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の武藤事務総長はオリンピックの中止を全面否定しました。

 

ただこれからの状況によってはこれが変わるという可能性もありえます。状況が変わり次第お知らせしていきます。

オリンピック開催を不安視する声

オリンピックの開催に不安の声が多数あります。

またその前に開催される東京マラソンの開催を気にする方もいました。

 

まとめ

 

・新型コロナウイルスは2019年12月8日に中国武漢市で初めて確認された。

・日本では1月15日に初めて感染者がでた。

・コロナウイルスがいつまで続くかは専門家でも意見が割れる。ただ日本が武漢市のような状態になる可能性は低い。

・オリンピックは開催される予定

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

よろしければこちらの記事もご覧ください↓

【新型コロナウイルス】千葉県男性はNTTデータの社員で市川市民が入院した病院はどこ?最寄り駅についても

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マナビタイム , 2020 All Rights Reserved.