遊びと学びで素敵な毎日を。

【マレフィセント2 】大きな矛盾点!なぜ糸車に呪いが残っていたのか?国王が生き返った理由についても

2019/10/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

「マレフィセント」は邪悪な妖精マレフィセントを主人公とする物語で大ヒットした映画です。「眠れる森の美女」のリメイクで、オーロラ姫に呪いをかけた妖精であるマレフィセントの視点から物語が描かれました。

「マレフィセント2」は「マレフィセント」の続編であり、前作にも登場した糸車がとても重要になってきます。

糸車といえば、「マレフィセント」において、「16歳になったときに糸車に指を刺して永遠の眠りにつく」と魔法をかけられた際に登場したものです。この糸車ですが、なんと「マレフィセント2」ではアルステッド国のイングリス王妃の手に渡っていたのです。しかも、マレフィセントがかけた永遠の眠りにつくという呪いは、まだ糸車に残ったまま。

実は、ここには大きな矛盾が存在するのです…。

マレフィセント:登場した糸車について

 

マレフィセントにおいて、オーロラ姫は16歳の誕生日に糸車に指を刺して永遠の眠りにつくという呪いをマレフィセントにかけられてしまいます。

この時点で呪いの対象はオーロラ姫です。→重要です。

 

しかしマレフィセントは、オーロラ姫の純粋無垢な姿に惹かれマレフィセントのことを心から守りたい。そう思いようになります。

ただ、一度かけてしまった呪いはマレフィセント自身も消すことができず、マレフィセントは困り果てます。

そのときにマレフィセントは真実の愛をオーロラ姫に対して抱いていたことに気づき、マレフィセントがキスをすることで呪いは無事に消えます。

オーロラ姫の呪いが解けここで終わりかと思いきや、その糸車の魔法は消えずにいたのです。そしてその糸車はマレフィセント2で再登場します。

マレフィセント2:登場した糸車について

 

マレフィセント2では呪いの糸車がイングリス王妃の手にわたっています。そしてイングリス王妃はその糸車を使い、妖精たちの絶滅を企みます。

糸車で国王を刺し、永遠の眠りにつかせてしまうのです。そしてそれをマレフィセントの仕業とし、マレフィセントを陥れようとします。

マレフィセント2:呪いをかけられた国王が生き返った理由

 

アルステッド国の国王は、イングリス王妃に糸車で刺されることでオーロラ姫同様に、呪いがかけられてしまいました。

従って国王も真実の愛がなければ、目覚めることはありませんでした。

 

しかし、マレフィセント2において国王は真実の愛なくして、目を覚ますのです。それはマレフィセント自身が、呪いの根幹である糸車を壊したためです。

つまりここでは、呪いの対象がオーロラ姫ではなく、糸車になっているのです。

マレフィセント2:なぜ糸車の呪いは消えないのか

 

では「マレフィセント」で解いたはずの呪いはなぜ糸車に残ったままだったのでしょうか。

 

ストーリーを素直に解釈すると、マレフィセントは呪いにかかったオーロラ姫を救ったが、呪いそのものを無くしたわけではない。

→マレフィセントは糸車に呪いをかけ、その呪いはまだ糸車に残っている。

 

このような理解できます。しかしマレフィセントが呪いをかけて対象は糸車ではなくオーロラ姫です。

つまりここでマレフィセントとマレフィセント2では矛盾が生じているのです。

マレフィセント2の矛盾点:呪いの対象がオーロラ姫から糸車に変わっている。

 

マレフィセントでは、呪いの対象はオーロラ姫でした。実際にマレフィセントはオーロラ姫に呪いをかけていましたよね。

しかし

マレフィセント2では、呪いの対象は糸車に変わっているです。つまり、マレフィセントはオーロラ姫ではなく、糸車に呪いをかけたことになっているのです。

 

 

なんと呪いをかけたものが、オーロラ姫から糸車に変わっているのです!これは「マレフィセント」と「マレフィセント2」における明らかな矛盾点です。

仮に前作「マレフィセント」においても糸車に呪いがかけられていたらオーロラ姫を永遠の眠りから救うときもキスをする必要はありませんでした。

ただ単にマレフィセントが今回のように糸車を壊せばよかったことになりますよね。

 

まとめ

 

・国王が永遠の眠りから目覚めたのは、マレフィセントが糸車を破壊したから。

・「マレフィセント」では呪いの対象がオーロラ姫であるが、「マレフィセント2」では呪いの対象が糸車に変わっている。

最後まで見ていただきありがとうございました!

他にもマレフィセントに関する記事を書いています!ぜひご覧ください!

【マレフィセント2】きのこの妖精がかわいいと話題に!登場シーンや名前についても→こちらから

【マレフィセント2】マレフィセントが蘇った理由は?不死鳥になったマレフィセントの正体やダークフェイについても→こちらから

マレフィセントは何の悪役?マレフィセントと原作眠れる森の美女との違いや考察やネタバレについても!→こちらから

【マレフィセント2 】大きな矛盾点!なぜ糸車に呪いが残っていたのか?国王が生き返った理由についても→こちらから

【マレフィセント2】マレフィセントの正体は不死鳥!悪の妖精ダークフェイについても→こちらから

【マレフィセント2】イングリス王妃に仕える女性兵士を演じた女優の名前は?ジェンマレーはファンタビやブルックリンにも出演→こちらから

【マレフィセント2】カラスのディアヴァルがかわいいと話題!なぜ手下になったのか理由や俳優の名前や吹き替え声優についても→こちらから

マレフィセント2は面白い?つまらない?テーマは種族や人種の共生で泣ける!原作との違いや考察や感想についても→こちらから

【マレフィセント2】フィリップ王子がかっこいい!俳優や吹き替え声優が変わった理由は?→こちらから

【マレフィセント2】白い悪の妖精役は日本人が演じている?ダークフェイやmiyaviが演じた理由についても→こちらから

【マレフィセント2】妖精はハリーポッター不死鳥の騎士団にも出ている?3人の妖精の名前や声優についても→こちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マナビタイム , 2019 All Rights Reserved.