遊びと学びで素敵な毎日を。

【マレフィセント2】きのこの妖精がかわいいと話題に!登場シーンや名前についても

2019/10/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

「マレフィセント」は邪悪な妖精マレフィセントを主人公とする物語で大ヒットした映画です。

オーロラ姫に呪いをかけた妖精であるマレフィセントの視点から物語が描かれました。

一見怖い映画のように思いますが、オーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかけた理由や、マレフィセントの謎に包まれた過去についても詳しく描かれており、新しいディズニー映画として、大きな反響を呼びました。

そんな映画「マレフィセント」ですが、2019年10月18日に続編の「マレフィセント2」が公開されたことで話題になっています。

 

マレフィセント2のテーマは人間や妖精の共生です!※マレフィセント2のテーマである共生の考察についてはこちらをご覧ください!

そのため、今回もたくさんの妖精が登場しました。前作マレフィセントには登場しなかった妖精もたくさんいましたね。

その中でも、冒頭シーンにも登場した、キノコの妖精がかわいい!と話題になっています。ここでは、そのキノコの妖精について紹介していきます!

 

マレフィセント2のあらすじやストーリー:ネタバレあり!

 

マレフィセント2のストーリーは、フィリップ王子がオーロラ姫に求婚することから始まります。オーロラ姫の答えはもちろん「はい」。しかし、育ての親にあたるマレフィセントは猛反対。それは、オーロラ姫の父であるステファン王、つまり人間の男に裏切られた経験があるからです。

しかし、オーロラ姫は意見を曲げず、フィリップ王子との結婚の話が進み、マレフィセントとオーロラ姫は、フィリップ王子の両親と食事をすることになります。

フィリップ王子の母にあたるのが、今回の悪役になるイングリス王妃です。イングリス王妃は、結婚の挨拶として訪問したマレフィセントに話をします。それは、マレフィセントを非難するような内容でした。それにマレフィセントは怒りを抑えられず、魔法を使ってしまいます。

マレフィセントが協力な魔法を使い人々が混乱してしまいますが、その混乱を利用して、イングリス王妃は、国王を、糸車の針で刺してしまうのです。しかも、その糸車の針は、前作「マレフィセント」に登場し、オーロラ姫を永遠の眠りにつかせたものです。なんとマレフィセントが一度かけた呪いは消えずに残っていたのです。

国王は永遠の眠りにつき倒れてしまいますが、イングリス王妃はこれをマレフィセントの仕業として人々にひろげ、マレフィセントが悪者であると嘘の情報を人々に伝えるのです。

またオーロラ姫をの永遠の眠りの呪いをといたのは、フィリップ王子で、マレフィセントは呪いかけた悪者であるという嘘の情報を流したのもイングリス王妃だったのです。

イングリス王妃が、マレフィセントを悪者にしたがるのには理由があります。

実は、イングリス王妃の狙いは、フィリップ王子や国王を利用してムーア国を乗っ取り、マレフィセントを含めた妖精たちを絶滅することなのです。自分が倒したい相手が、良い人だと国民に伝わってしまったら、自分が悪者であるとばれてしまいますからね。

妖精たちを絶滅させるために、イングリス王妃は極秘で妖精を誘拐し、妖精を倒すための武器を作らせます。妖精を絶滅するための武器には、鉄と精霊の花という魔法の花が必要だということが分かり、ムーア国にあるすべての精霊の花を刈り取り大量の武器を作ります。

 

その頃イングリス王妃から逃げようとしたマレフィセントですが、イングリス王妃の部下に鉄の鉄砲で撃ち落されてしまいます。しかし、そこにマレフィセントと同じ種族のダークフェイが助けにきます。同じ種族のの仲間であるダークフェイと話す中でマレフィセントは自分のルーツや種族の歴史を知ります。ダークフェイは人間たちに追いやられた過去をもっていたのです。人間を恨んでいて、戦争をしかけようとします。

そしてイングリス王妃は、妖精たちの絶滅するためのオーロラ姫の結婚式があると妖精たちを騙し、部屋に閉じ込め妖精たちを一掃しようとします。そのときに、人間に恨みをもつマレフィセントと同じ種族のダークフェイが戦いをしかけ戦争が始まってしまいます。

戦いのなかで、マレフィセントはイングリス王妃に撃たれて一度死んでしまいます。しかし、マレフィセントは黒い鳥になって復活します。なんとマレフィセントは、ダークフェイの祖先にあたる不死鳥だったのです。

人々が戦い合う姿に、フィリップ王子やオーロラ姫は意味がないことを訴え、戦争は終わります。

そして最後には、マレフィセントやフィリップ王子、オーロラ姫の活躍でフィリップ王子のアルステッド国と、オーロラ姫のムーア国が結ばれ、フィリップ王子とオーロラ姫も結婚し、人間や妖精たちが共生していく幸せな国ができました。

 

ざっくりですが、ストーリーはこのようになります。

キノコの妖精が登場したシーン

 

キノコの妖精は、いくつかのシーンで登場します。

まず、映画冒頭で人間たちが妖精狩りをしているシーンです。

キノコの妖精は木の隙間に住んでいることが分かります。また人間たちに捕まえられそうになったときには、カブりとかみつき攻撃もしています。一見穏やかそうな見た目ですが、反撃をするなど勇敢な姿もありました!

 

キノコの妖精の一匹は、人間に捕まり、アルステッド国の実験室のような場所に連れてかれてしまいます。その後実験室のシーンで何度か登場します。

そこでハリネズミのような妖精のピントと出会います。

小さい妖精の二人のやりとりは本当にかわいらしかったですね!

 

実験室のシーンで何度か登場したあとには、無事に脱出し、オーロラ姫とフィリップ王子が結婚するシーンにもちゃっかり登場しています!

キノコの妖精がかわいい!と話題に!

 

そんなキノコの妖精ですが、ネット上でもかわいい!と話題になっています!

キノコの妖精の名前は?

 

気になるのは、このきのこの妖精の名前ですよね。

実は、きのこの妖精の名前はわかっていません。

実はマレフィセントに登場する、妖精たち、葉っぱの妖精や、木の妖精、カエルのような妖精にも名前がついていないのです。

たしかし妖精たちは大量に存在するので、一人一人に名前があるとなるとオーロラ姫も大変ですよね…(笑)

 

まとめ

 

・きのこの妖精の登場シーンは、冒頭の誘拐されるシーン、実験室のシーン、終盤の結婚式のシーン。

・きのこの妖精はネット上でかわいいと話題になっている!

・きのこの妖精には名前がない。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

他にもマレフィセントに関する記事を書いています!ぜひご覧ください!

【マレフィセント2】マレフィセントが蘇った理由は?不死鳥になったマレフィセントの正体やダークフェイについても→こちらから

マレフィセントは何の悪役?マレフィセントと原作眠れる森の美女との違いや考察やネタバレについても!→こちらから

【マレフィセント2 】大きな矛盾点!なぜ糸車に呪いが残っていたのか?国王が生き返った理由についても→こちらから

【マレフィセント2】マレフィセントの正体は不死鳥!悪の妖精ダークフェイについても→こちらから

【マレフィセント2】イングリス王妃に仕える女性兵士を演じた女優の名前は?ジェンマレーはファンタビやブルックリンにも出演→こちらから

【マレフィセント2】カラスのディアヴァルがかわいいと話題!なぜ手下になったのか理由や俳優の名前や吹き替え声優についても→こちらから

マレフィセント2は面白い?つまらない?テーマは種族や人種の共生で泣ける!原作との違いや考察や感想についても→こちらから

【マレフィセント2】フィリップ王子がかっこいい!俳優や吹き替え声優が変わった理由は?→こちらから

【マレフィセント2】白い悪の妖精役は日本人が演じている?ダークフェイやmiyaviが演じた理由についても→こちらから

【マレフィセント2】妖精はハリーポッター不死鳥の騎士団にも出ている?3人の妖精の名前や声優についても→こちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マナビタイム , 2019 All Rights Reserved.