遊びと学びで素敵な毎日を。

【リメンバーミー】ヘクターは最後なぜ消えなかったのか?ヘクターは歩き方が変だがかっこいいと話題に!

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

 

リメンバーミーはディズニー&ピクサーが2017年に公開した作品で、大ヒットを記録した映画です。

そんなリメンバーミーは子どもはもちろん、大人も十分に楽しむことができる作品で、まだ見たことがない人には超絶オススメの一本です。

 

ここではリメンバーミーに登場するにヘクターついて詳しく紹介していきます!

 

リメンバーミーのあらすじ

主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。

ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。

彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!

そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。

しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。

唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。

だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。

絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!

引用:https://www.disney.co.jp/movie/remember-me/about.html

リメンバーミーの予告動画

 

リメンバーミーのヘクターの正体はミゲルの先祖だった?

 

ヘクターはミゲルの冒険の相棒です。

陽気だけど孤独なガイコツで離れてしまった家族にもう一度会いたいと願っています。

 

ミゲルは当初自分の先祖は偉大な歌手のエルネスト・デラクレスだと思っていましたが、冒険を進めるなかで

本当の自分の先祖はヘクターであることを知ります。

 

ヘクターの歩き方が変な理由は?

 

ヘクターの特徴といえば、ちょっと変わった歩き方です。

リメンバー・ミーを観た方は疑問に感じた方も多いのではないでしょうか。

作中ではミゲルがヘクターの歩き方を真似をして、それに対してヘクターは「やめろよ」と言ってミゲルと親しげにするシーンもあります。

 

ではなぜヘクターは歩き方が変なのでしょうか?

それはガイコツに個人差を持たせ、ヘクターの存在を強調するためです。

死者の世界にはたくさんのガイコツが存在します。そんな中で重要キャラクターのヘクターが目立つにように変な歩き方にしているそうです!

 

ちなみにヘクターは「骨折をしている」という設定があるそうです!

骨折している設定は作中では語られていませんが、ヘクターが歩く際にかばっている左足をよく見ると包帯のような布が巻かれているのです。

 

確かに多くの人が違和感を持ち、印象に残りますよね。

これはある意味、制作者側の思い通りというわけなのです…。

 

ヘクターがかっこいい!と話題に

 

ヘクターはその素直で人情味あふれる性格からリメンバーミーで人気のキャラクターです。

実際にかっこいい!という意見が多数あります。

 

ヘクターはなぜ消えなかった?その理由は?

 

リメンバーミーでは現在生きてる人の記憶から、生きてた頃の自分が消えると死者の国も死んでしまいます。

つまり2度目の死を迎えることになるのです。

作中ではヘクターのことを覚えている人物はただ一人。ママココです。

 

そしてついにラストシーンでココは亡くなってしまいます。

しかしヘクターは死者の国で生き続けられました。

これはなぜでしょう。

ヘクターが消えなったのは、ママココがヘクターのことを語り継いだため

 

ラストシーンでミゲルが生者の国に無事に帰ることができました。

そしてそこでママココにヘクターの作った曲である「リメンバ・ミー」を聞かせてあげます。

するとママココがヘクターを思い出しヘクターは二度目の死を迎える事なく過ごせました。

しかしその後ママココはなくなってしまいます。

 

それでもヘクターが2度目の死を迎えなかったのは、

ココがヘクターのことを家族の皆に語り継いで、ヘクターの存在が皆の記憶に刻まれたからです。

それによって生者の国でもヘクターの存在が認識され、二度目の死を逃れました。

 

さらにいうと

ヘクターは町の皆にも作曲家として認知されました。恐らくヘクターは今後いつまでも消えることはないでしょうね。

 

ちなみにもしギターをエレナおばあちゃんに取り上げられてたらヘクターは二度目の死を迎えていたということになります…。

 

まとめ

 

・ヘクターはミゲルの先祖。

・ヘクターの歩き方がおかしいのは、骨折しているという設定のため。

・ママココが死んでもヘクターが消えなったのは、ママココがヘクターのことを家族のみんなに語り継ぎ、みんなの記憶に刻まれたため。

 

ぜひこちらもご覧ください!↓

【リメンバーミー】犬のダンテはなぜ死者の国にいけた?いつ死んだのか犬種についても

最後まで見ていただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

Comment

  1. 昨日見た人 より:

    ヘクターが最後に消えなかったのは祭壇に写真が飾られたからではなく、
    ココが生前のヘクターのことを家族の皆に語り継いで皆の記憶に刻まれたからですよ。
    さらに町の皆にも作曲家として認知されたから、ヘクターは今後いつまでも消えることはないでしょうね。
    祭壇に写真がある無いは死者の日に渡れるかどうかを決める要素であって二度目の死とは直接関係ないです。

    • maisy より:

      コメントありがとうございます。
      お恥ずかしながら解釈し間違えていました…。
      訂正して再度記事をアップロードいたしました!
      ご指摘ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マナビタイム , 2020 All Rights Reserved.