遊びと学びで素敵な毎日を。

【ターミネーターニューフェイト】T-800 役のシュワちゃんはなぜ老けるのか。溶鉱炉から復活したのか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

 

1991年に公開された映画ターミネーター2。その映画の正統な続編となるのが、ターミネーターニューフェイトです。

本作で最も話題になっているのは、ターミネーター2に登場したサラコナーとシュワちゃん演じるターミネーターが登場しているところです!

ターミネーターといえばシュワちゃんやサラコナーのイメージが強いですしファンからすると本当に嬉しいですよね!

ただ!

映画や予告を見た際になんで機械のシュワちゃんが老けているの?と疑問に感じた人も多いのではないでしょうか。

ここではターミネーターニューフェイトに登場するターミネーターについて紹介していきます!

 

ターミネーターニューフェイトのあらすじ

 

ターミネーターニューフェイトの監督はデットプールなどの有名作品を手掛けるティムミラー監督です。またターミネーターシリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンがプロデューサーとして復帰したことも話題になっています。そして傑作『ターミネーター2』(1991)の“正当なる続編”になる話です。

ターミネーターニューフェイトの予告動画

ターミネーターニューフェイトのストーリー:ネタバレ注意!

 

かなりのネタバレがあります!!まだご覧になってない方は注意して下さい!!

 

サラコナーによってスカイネットは破壊され審判の日も阻止される。それが、1.2のストーリーでした。

その後の世界は、平和な世の中になっていると思いきや、現状は全く違います。

スカイネットが支配する未来は阻止できたものの、リージョンという異なる組織が新たなに誕生することで人類は再び未来でターミネーターに滅亡寸前まで追いやられてしまうのです。

 

リージョンは、反乱軍のリーダーであるダニーを殺すために過去に、REV-9というターミネーターを送り込みます。つまりダニーはジョンと同じような未来のリーダーとなる存在なのです。

 

リージョンがターミネーターを送り込んだと同時に、反乱軍もリーダーであるダニーを守るためにある人物を送り込みます。

送り込まれたのはグレースという人間です。ただグレースは普通の人間ではありません。強化人間というサイボーグのような存在です。

 

その後、リーダーを守るためにREV-9ととグレースが攻防を繰り広げます。

そして、その最中にターミネーターにジョンを殺されターミネーターのことを恨んでいるサラコナーと出合い、グレースとダニーはサラコナーと手を組むことになります。

 

サラコナーには一つ不可解なことがあります。それは、ターミネーターが未来から送られてくる際に必ず、メールが届くということです。そしてメールの送信者をグレースとともに調べ、その場所に訪れてみるとジョンを殺したターミネーターから送られていることがわかりました。

(このターミネーターがシュワちゃん。ただ前作までのターミネーターとは別物)

サラは、そのターミネーターと出合った時すぐに殺そうとしましたが、そのターミネーターは、カールという名前で人間の生活に適応し、家族を持つことでサラの気持ち理解し改心していたのです。力になってくれるということから、ダニーを守るという目的のもと4人は協力することになります。

 

その後映画終盤では、サラコナー、ターミネーター(シュワちゃん)、グレース、ダニーとREV-9の壮絶な戦いが始まります。苦戦をしながらREV-9と戦い、ダニーは勝利をおさめますが、グレースとターミネーター(シュワちゃん)を亡くしてしまいます。

 

そしてラストシーンでは、子ども時代のグレースをサラコナーとダニーが見守るシーンがあり映画が終わります。

 

ターミネーターのシュワちゃんが老けるのはなぜ?

 

ターミネーターはロボットです。普通に考えればもちろん人間のように年はとりませんし、容赦も変化しませんよね。

しかし、ターミネーターニューフェイトの予告を見るとシュワちゃんが老けているのです。

これはなぜでしょうか。

 

ターミネーターとは?

 

そもそもターミネーターとは映画中に登場するアンドロイドのことを示します。

ターミネーターは未来から送られてくるのですが、人類を滅亡させるため、未来でアンドロイドに抵抗する人を抹消するために派遣されています。

ちなみにターミネーターの意味は、断ち切る者、終焉する者などという意味になります。

 

またターミネーターにはいくつか種類が存在します。

 

t-800

シュワちゃんが演じる代表的なアンドロイドです。人間抹殺用のアンドロイドで、人間と同じ細胞組織で製造されているため外見で見分けることはまず不可能です。

 

t-1000

従来型とは異なる液体金属の体をもつアンドロイドです。ターミネーター2に登場し液体から個体に変化可能なのが特徴です。

 

t-x

ターミネーター3に登場した女性のターミネーターです。

ターミネーターといってもアンドロイドの総称を表すものなので、たくさんの種類が存在するんですね。

シュワちゃんが老けたのは人間の細胞組織を表面に覆っているのから

 

ではなぜシュワちゃんはターミネーターつまり機械なのにも関わらず老けたのでしょうか。

それは、ターミネーターが人間と同じ細胞組織を表面に覆っているためです。

中身は機械ですが、ターミネーターは体の表面に人間と同じ細胞組織を使用し作られています。従って人間同様に、外見も年を取っていくのです。(実は後から追加された情報なのですが)

ターミネーターニューフェイトに出てきたのは前作とは別のターミネーター

実は、ターミネーターニューフェイトに出てくるシュワちゃんと、ターミネーター2に登場するシュワちゃんは別人です!

わかりにくいですが、演じる役者はシュワちゃんで同じなのですが、演じている役が異なるということです!

 

前作にあたるターミネーター1,2ではシュワちゃんは、T-800 というターミネーターとして登場しました。

ターミネーターニューフェイトでもT-800 としての出演をしたのですが、ターミネーター1,2に登場したものとは別の種類になります。

T-800 は量産型のターミネーターなので、このようなことが生じたのです。

 

溶鉱炉に入ったはずのシュワちゃんT-800が存在するのはなぜ

 

ターミネーター2と本作が直結しているのなら、溶鉱炉に沈んだT-800が、森の中の小屋らしき場所で暮らしているのはなぜなのでしょうか。

これも上で説明したように、新しいT-800のターミネーターだからです。T-800 はターミネーターとして未来で量産されています。

つまり第1作・第2作に出てきたT-800は溶鉱炉の中で溶けてしまいましたが、それとは別のT-800が登場したということになります。

 

なぜ別のT-800が存在するのか

 

第1作・第2作に出てきて溶鉱炉の中に入ったものと、ターミネーターニューフェイトに登場したT-800は全くの別物であると書きました。

では、なぜ同じ世界にT-800 の別の個体が登場するのでしょうか。

 

結論からいうと、ターミネーター2においてジョンコナーを殺害しようと未来から過去に送り込まれたT-800が1体だけではなかったためです。

ターミネーター2においては、T-1000が登場し、ジョンの命を狙っていました。映画においては、ジョンの命を狙うターミネーターはT-1000だけのように描かれていましたが、実際には、T-1000だけではなく、ジョンを殺すことを目的としたT-800が複数未来から送り込まれていたのです。

この事実は、ターミネーターニューフェイトにおいて「サラ」から語られました。

 

まとめ

 

・ターミネーターが年を取るのは、体の表面に人間と同じ細胞を覆っているため。

・溶鉱炉に落ちたものとターミネーターニューフェイトに登場したターミネーターは別人。

・T-800 が再び登場したのは、ジョンの命を狙うターミネーターが複数送られていたため。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

ターミネーターニューフェイトに関する他の記事もご覧ください!

【ターミネーターニューフェイト】グレース役の俳優の名前はマッケンジーデイヴィス!強化人間についても

この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マナビタイム , 2019 All Rights Reserved.