遊びと学びで素敵な毎日を。

映画「決算!忠臣蔵」はつまらないし面白くない?評価やあらすじについても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

 

忠臣蔵を題材に、限られた予算の中で仇討を果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を描いた時代劇コメディ

「決算!忠臣蔵」

この注目のこの作品ですが面白くない!つまらない!という意見が多いです。

決算!忠臣蔵のあらすじ 

 

今から約300年前。赤穂藩藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲ)は幕府の重臣・吉良上野介に斬りかかり、即日切腹、藩はお取り潰しになってしまいます。

その後、筆頭家老の大石内蔵介(堤真一)は幼なじみの勘定方の矢頭長助(岡村隆史)の力を借りて雑務整理に励みます。

 

御家再興の道が閉ざされた彼らに残されたのは宿敵、吉良低への討ち入り。

ただそこであることが発覚します。討ち入りにもお金が必要で使える予算は9,500万円という低予算。

 

ただでされお金がないのに、生活費や江戸までの往復費用、討ち入りのための防具などなどたくさんのところでお金が必要になりどんどんお金はなくなっていきます。

低予算のなかで彼らは吉良邸の討ち入りを無事に行うことができるのか?

予告動画

映画「決算!忠臣蔵」は面白い?面白くない?

 

大注目の作品「決算!忠臣蔵」ですが、見終わった後の評価は賛否両論あるようです。

ネットの声をご紹介します!

決算!忠臣蔵の評価・口コミ

 

決算忠臣蔵が面白くないと言われる理由

 

決算忠臣蔵が面白くない!と言われる理由は大きく分けて二つあります。

一つ目は、ストーリーを一度で理解しにくい(歴史的な背景を理解していないで見る人が多い)ため。

二つ目は、作中で使われる言葉が難しいため。

 

つまらない理由はストーリーを一度で理解しにくいため

 

決算忠臣蔵には人気の俳優、芸人が出ているため役者を目当てに観に行く人も多いのではないでしょうか。

つまり映画を見るための入り口は非常に広い作品です。

しかし、内容としては初めて忠臣蔵の物語を知る人にとってはやや難解な部分が多いのです。

 

決算忠臣蔵は歴史的な事実をもとに作られた作品です。映画の時間も比較的長く、その歴史的な背景を全く知らない場合はストーリーを追うのに必死になってしまいます。

そのため面白くない!つまらない!という意見が多いのです。

 

つまらない理由は使われる言葉が難しいため

 

映画の舞台は江戸時代です。

そのため使われる言葉も普段、時代劇などを見ない人からすると聞き馴染みがなく、内容をいまいち理解できなかった…

そう感じる人も多いようです。そのため面白くないと感じてしまうのです

実際、映画館での年齢層はかなり高いように感じました。

 

まとめ

 

・決算!忠臣蔵の評価は賛否両論分かれる。

・決算!忠臣蔵は、歴史的な背景を理解している人には楽しめる作品。

・俳優目当てでいくと、内容が理解できなく楽しめない場合もある。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マナビタイムをご覧いただきありがとうございます。 ブログ運営のmaisyと申します。 みなさんのマナビになるような有益な情報を発信していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マナビタイム , 2019 All Rights Reserved.